カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

2016春一番バナー

みふくニュース

蔵見学のご案内

美冨久酒造について

自然、歴史、文化ゆたかな「近江の灘」甲賀より、
昔ながらの手造り地酒をお届けします。

滋賀近江の地は、周りを山脈(比叡・比良・余呉・伊吹・鈴鹿等)で囲まれ、山からの河川はすべて琵琶湖に入ります。河川の周辺は大変肥沃な平地で、その地下には豊富な伏流水があり、昼夜の気温差も適度にあるので、非常に米作りに適した環境です。

滋賀県の酒蔵は、必然的にこの主流河川や湖周に沿って存在しています。いい米と水が豊富にあり、気候や自然など酒造りに必要な条件がすべて揃った、特別の地なのです。

そんな恵まれた土地で経験豊富な蔵人と、若い感性の魅力、知恵を出し合って美味しい日本酒造りに邁進して醸し出したお酒が美冨久のお酒なのです。


“伝統技法「山廃仕込(やまはいしこみ)」を得意とし、芳醇で旨味がある中に美冨久酒造の個性を活かした味わい深いお酒”に、“長年の技術をちょっとづつ進化させ、新しい感覚で醸しだしている吟醸酒”。“その両方の技術を駆使して天からの恵みによって育まれたお米の旨味を最大限活かして醸し出す純米譲造”。

この3つの柱を中心に皆様に愛され続ける日本酒を目指してまいりますので、皆様の温かいご支援よろしくお願い申し上げます。