カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

2017冬の美冨久便TOP.jpg

年末年始ご利用の鏡割り用こも樽に関して

年末年始ご利用の鏡割りこも樽のご注文は12月14日をもって締め切らせていただきました。

年明けは1月15日出荷分より承ります。ご理解のほどをよろしくお願いいたします。

新着商品

みふくニュース

H29.11.15 お待たせしました!

冬の美冨久便、ネット販売整いました!

創業100周年記念酒「百年の煌」ネット販売解禁です!

 

蔵見学のご案内

樽酒で鏡開き

お祝いの席を鏡開きでさらに盛り上げませんか?オリジナルデザインで世界に一つだけの酒樽を

年末年始ご利用の鏡割り用こも樽に関して

年末年始ご利用の鏡割りこも樽のご注文は12月14日をもって締め切らせていただきました。

年明けは1月15日出荷分より承ります。ご理解のほどをよろしくお願いいたします。


美冨久酒造について

自然、歴史、文化ゆたかな「近江の灘」甲賀より、
昔ながらの手造り地酒をお届けします。

滋賀近江の地は、周りを山脈(比叡・比良・余呉・伊吹・鈴鹿等)で囲まれ、それぞれの山からの流れる河川はすべて琵琶湖に入ります。河川の周辺は大変肥沃な平地で、その地下には豊富な伏流水があり、昼夜の気温差も適度にあるため、米作りも盛んに行われ、良質の「近江米」が育てられております。

滋賀県は古くから交通の要衝として街道が多く整備され、この街道沿いと、主流河川に沿って多くの蔵元が今も存在しています。いい米と水が豊富にあり、気候や自然など酒造りに必要な条件がすべて揃った、理想的な地です。

そんな恵まれた土地で経験豊富な蔵人と、若い感性の魅力、知恵を出し合って美味しい日本酒造りに邁進して醸し出したお酒が美冨久のお酒です。


芳醇で旨味がある中に、個性を活かした味わい深い伝統技法「山廃仕込(やまはいしこみ)」。

長年の技術を進化させ、新しい感覚で醸しだしている吟醸酒。

その両方の技術を駆使して、天からの恵みによって育まれたお米の旨味を最大限活かして醸し出す純米譲造。

この3つの柱を中心に皆様に愛され続ける日本酒を目指してまいります。皆様の温かいご支援よろしくお願い申し上げます。

ページトップへ