カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
冬の美冨久便

美冨久酒造からのお知らせ

  • 【新酒でけたてについて】
    12月1日より「新酒でけたて」出荷開始いたします。
    11月の暖かさで心配していましたが、今年もいいのがでけました!
    https://mifuku.co.jp/SHOP/137003/219557/list.html
  • 【冬の美冨久便】
    2020年、冬の美冨久便のご案内です。
    季節のおすすめ、お歳暮やお正月のお酒をご案内しておりますのでよろしくお願い致します。
    https://mifuku.co.jp/SHOP/134993/list.html
  • 【濃縮甘酒みずかがみの終売について】
    ご愛顧いただいておりました「濃縮甘酒みずかがみ」180ml・500mlですが、諸般の事情により終売とさせていただきます。長らくのご愛顧に感謝申し上げます。

    今後は通常瓶入りの900mlと、現在小容量商品の製品企画を進めております。今しばらくお待ちいただけます様、よろしくお願いいたします。
  • 【ソフトクリーム・甘酒再開の案内】
    「三連星ソフトクリーム」「甘酒カップ」を再開いたします。しかし、店内での飲食は控えていただき、蔵前の床几、別室にてお楽しみください。

  • 【蔵見学再開の案内】
    「蔵見学」を再開いたします。要予約で1時間につき1組様に限らせていただきます。ご予約は(090‐4906‐1549・kengaku@mifuku.co.jp)

  • 【試飲再開の案内】
    店舗での商品の試飲を再開いたしますが、新商品など気になる商品3点程度とさせていただいてご案内いたします。

  • 【レジ袋有料化の案内】
    レジ袋有料化に伴い、インターネットからの御注文の際に、紙袋・箱・包装等ご入用の有無をご注文時に選択できるようにいたしました。
    お客様にはご負担を強いることになりますが、ご理解とご協力のほどを、よろしくお願い申し上げます。

新着商品

蔵見学のご案内

甲賀の地へ来たなら見るべし

蔵見学のご案内バナー.jpg

昨今の情勢を鑑み、蔵見学の受け入れを再開いたします。
但し、受入スペースを変更することはできませんので、今まで通り大型バス1台・40人規模でお越しいただきますと、世間でいうところの「蜜」の状態になります。
あらかじめご理解いただいた上で、お申込みいただきます様、お願い申し上げます。
マスクを着用の上、設置しております消毒液での消毒の徹底を重ねてお願いいたします。

【酒造り期間中(11月~3月)の蔵見学受入について】

弊社は観光蔵ではないため、専属の蔵見学担当者がおりません。普段見学案内をしている者も酒造りに従事しております。

そのため、酒造りの期間中11月から3月は蔵作業のある午前中を中心に蔵見学の受け入れをご遠慮させていただいております

また12月は酒造り・店舗運営ともに繁忙期となりますので、蔵見学の受付をお断りさせていただく場合がございます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご了承のほどをよろしくお願いいたします。

NHK朝の連続テレビ小説、甲賀市信楽が舞台の「スカーレット」放送に伴い、蔵見学の問い合わせが増えております。そのため、予約なしでの見学のご依頼はお受けいたしかねる場合がございますので、ご了承願います。事前予約をお願いします。

※直売店への立ち寄りは自由にできますので、お気軽にお越しください。


【旅行会社の皆様へ】           
 観光バスでの蔵見学受入ご依頼の場合、一度に見学できる人数が最大でも45名様となります。1時間に対応できるバスの台数も2台までとさせていただき、それ以上の御依頼はお受けできませんので、あらかじめご了承のほどをよろしくお願いいたします。

美冨久酒造について

自然、歴史、文化ゆたかな「近江の灘」甲賀より、昔ながらの手造り地酒をお届けします。

滋賀近江の地は、周りを山脈(比叡・比良・余呉・伊吹・鈴鹿等)で囲まれ、それぞれの山からの流れる河川はすべて琵琶湖に入ります。河川の周辺は大変肥沃な平地で、その地下には豊富な伏流水があり、昼夜の気温差も適度にあるため、米作りも盛んに行われ、良質の「近江米」が育てられております。

滋賀県は古くから交通の要衝として街道が多く整備され、この街道沿いと、主流河川に沿って多くの蔵元が今も存在しています。いい米と水が豊富にあり、気候や自然など酒造りに必要な条件がすべて揃った、理想的な地です。

そんな恵まれた土地で経験豊富な蔵人と、若い感性の魅力、知恵を出し合って美味しい日本酒造りに邁進して醸し出したお酒が美冨久のお酒です。


芳醇で旨味がある中に、個性を活かした味わい深い伝統技法「山廃仕込(やまはいしこみ)」。
長年の技術を進化させ、新しい感覚で醸しだしている吟醸酒。
その両方の技術を駆使して、天からの恵みによって育まれたお米の旨味を最大限活かして醸し出す純米譲造。

この3つの柱を中心に皆様に愛され続ける日本酒を目指してまいります。皆様の温かいご支援よろしくお願い申し上げます。

ページトップへ